FX初心者のひとりごと

注文してみる

FXを始めるためには、まず『ドルが安いうちに買い、レートの変動によって高くなった売る』こういった流れが簡単に想像がつくと思います。

 

ただ、FXの場合は『売り』から入る方法もあるのです。

 

円の価値が安いうちに先に売っておいて、価値が上がれば買い戻すという方法です。

 

どちらにせよ『売り』と『買い』を1セットで取引になるのです。

 

この売りと買いをセットで行っていくことを反対売買といいます。

 

ここで、ドルを円で買うときの「新規注文」のケースを例にとってみます。

 

まず、仮に1ドル=110円で「買った」とします。

 

これで、取引に参加できるドルを所持したため、ポジションをもつことができました。

 

このポジションをもつことを『新規決済』と呼びます。

 

しかし、FXの特徴は「買って売る」だけでないのが特徴です。

 

ドルを売ることからスタートするケースなら、はじめにドルを売ったところで取引がスタート、取引のポジションを得たため『新規決済』になります。

  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  •